ラフランスの食べ方は?

ラフランスの食べ方は?

洋梨の中でも数も多く、味・香りともに人気があるラフランス。どうせ食べるなら美味しく食べたいものです。今回は、ラフランスの食べ方について、ご紹介いたします。

 

 

1.追熟期間が必要なラフランス

洋梨は和梨と異なり、追熟期間が必要な果物となります。洋梨はお客さんが手にする頃に食べ頃を迎えるように、ある程度、計算された上で出荷されます。購入してから、15度から20度の室温で保管すると良いでしょう。日当たりが良い場所、そうでない場所でも追熟スピードには差が出ますが、どちらでも構いません。

 

2.基本は生食で!

ラフランスは従来受粉用で輸入されていましたが、生食ブールにより食べられるようになった経緯があります。そのため、ラフランスは皮を切り、薄くスライスした上でそのまま食べると良いでしょう。

 

3.レモン汁や塩水を使用

洋梨は和梨と同じように酸化し、茶色く変色してしまいます。酸化を防ぐため、レモン汁か塩水を使用しましょう。味が変わってしまうのが嫌な方は果汁濃度が高いジュースにレモン汁を入れて、漬けておくと良いでしょう。

 

 

 

いかがでしたか。ラフランスの味・香りを十分に味わうにはそのまま食べるのがおすすめです。

<スポンサーリンク>
page top