美味しい梨の見分け方について

美味しい梨の見分け方について

梨は他の果物と違い、保存期間が短く、すぐに当たってしまいます。洋ナシと違い、追熟期間がないため、美味しい梨の見分け方が難しい果物でもあります。今回は美味しい梨の見分け方をご紹介いたします。

 

 

1.手にとって、重さをチェック

梨は果実の90%が水分の果物です。熟した梨は水分量が豊富でずっしり重く、また皮に張りがあります。美味しい梨を選ぶ際は一度手に取ってみて、重さを確認してみましょう。ずっしりと重みを感じたら、熟している証拠です。

 

2.果実の皮の色

梨は太陽の光を受けると糖度が上がり、甘さが強くなります。赤梨の場合はあまり日焼けをしていないものが好ましいでしょう。赤すぎると熟れすぎていて、痛んでいる可能性があります。青梨は黄緑色からより黄色に変化していると食べ頃となっています。

 

3.お尻を確認する

梨のお尻部分が深いものは甘みが強く、美味しい梨といわれています。梨を選ぶ際は一度梨をひっくり返して、お尻を確認してみましょう。

 

 

いかがでしたか。梨は一度手に取って、重さ、皮の色、お尻の三つを確認すると美味しい梨を見極めることができます。ぜひ一度、確認してみてください。

<スポンサーリンク>
page top