二十世紀梨の旬はいつ?

二十世紀梨の旬はいつ?

鳥取県が力を入れて、栽培している二十世紀梨。一時期はブームにもなり、今でも高い人気があります。今回は二十世紀梨の旬について、ご紹介いたします。

 

 

1.二十世紀梨の旬は?

鳥取県では100年以上の栽培の歴史がある二十世紀梨。食べ頃ともいわれる旬は8月下旬から9月下旬といわれています。9月は出荷が最盛期を迎えるので、熟した二十世紀梨を味わいたい場合は9月頃がおすすめです。

 

2.サンセーキ梨の旬は?

長野県産のサンセーキ梨。通常の二十世紀梨は虫害を防ぐために袋を被せ、日光をあまり浴びません。しかし、サンセーキ梨は無袋で栽培するため、日光を十分に浴び、糖度が上がります。そのため、二十世紀梨の中でも人気があります。このサンセーキ梨の旬も二十世紀梨と同じく、8月下旬から9月下旬といわれています。

 

3.8月下旬と9月中旬〜下旬がおすすめ

青梨の一種である二十世紀梨は皮が黄色になったタイミングが食べ頃です。また、二十世紀梨の出荷タイミングはハウス出荷、早期出荷、普通出荷の3種類があります。ハウス栽培の二十世紀は8月下旬、早期出荷の二十世紀梨は9月中旬、普通出荷は9月下旬が食べ頃です。

 

 

 

いかがでしたか。二十世紀梨を味わうには9月中旬〜下旬がおすすめです。

<スポンサーリンク>
page top