赤ちゃんに梨を与えるのはいつからがベスト?

赤ちゃんに梨を与えるのはいつからがベスト?

梨は甘酸っぱく、みずみずしい果物です。癖がないので、離乳食として取り入れる方も多いと思います。しかし、離乳食として梨を取り入れる際はいくつか注意が必要です。今回は梨を赤ちゃんに与える注意点をご紹介いたします。

 

 

1.いつから食べさせたら良い?

梨は初期から赤ちゃんに与えても問題はありません。最初は果汁のみ与えると良いでしょう。最初の一口は加熱されたものを与えましょう。中期以降はすりおろして与えると良いでしょう。梨は食物繊維が多いので、赤ちゃんが消化不良に陥る可能性があります。必ずこの順番を守りましょう。

 

2.アレルギー反応を確認

どの食材でも注意が必要ですが、梨のアレルギーがないか確認しましょう。加熱された梨を食べても特にアレルギー症状が確認されない場合は生のまま与えて良いでしょう。すりおろしが慣れてきたら、噛める程度の大きさに薄く切って、食べさせてあげましょう。

 

3.大量に与えてはいけない

梨は便を柔らかくする作用があります。そのため、大量に摂取するとおなかを下す可能性があります。すりおろしだからといって、大量に与えることはやめましょう。

 

 

 

いかがでしたか。赤ちゃんに与える時は順序を守り、大量に与えないようにしましょう。また、アレルギー反応がないかは必ず確認するようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top