梨の食べすぎには注意!!

梨の食べすぎには注意!!

梨を食べると身体に良い影響を与えてくれます。しかし、食べ過ぎると思わぬ副作用があるので注意が必要です。

 

 

1.食べ過ぎると下痢になる?

梨にはソルビトールという成分が豊富に含まれています。この成分は便を柔らかくする作用がありますが、大量に摂取するとおなかを緩めてしまい、下痢を誘発してしまいます。

 

2.冷え性を誘発してしまう?

梨にはアスパラギン酸という成分も含まれています。この成分は解熱作用があるので、むくみや二日酔いに良いとされています。しかし、大量に摂取してしまうと身体を冷やしてしまうため、冷え性を患っている方は症状が悪化してしまう恐れがあります。このアスパラギン酸は暖めると咳止めなどの効果があるので、風邪の初期症状におすすめです。

 

3.1日の摂取量の目安は?

成人が1日の果物摂取量の目安は80gといわれています。梨の場合200gが目安の摂取量となります。梨には皮の部分とお尻の部分に栄養が豊富に詰まっています。食べる際はスポンジで綺麗に洗って、そのまま食べると良いでしょう。

 

 

 

いかがでしたか。梨はむくみや便秘などに効果がある果物です。しかし、食べ過ぎると思わぬ副作用があるので、食べ過ぎには注意しましょう。

<スポンサーリンク>
page top