梨の種類別の特徴

梨の種類別の特徴

古くから栽培されている日本の梨は品種改良も盛んで、その種類も多岐にわたります。今回はそんな中でも人気がある種類の梨の特徴をお伝えいいたします。

 

 

1.幸水(こうすい)

芯が小さくて、甘みが強いのが幸水です。シャキシャキの食感と歯触りが特徴的です。初夏に出荷されるものも多く、夏の果物として人気です。

 

2.20世紀梨(にじっせいき)

青梨として、有名な20世紀梨。甘みよりも酸味が強く、果汁がたっぷりです。夏の果物としても人気です。

 

3.南水(なんすい)

甘みが強く、果肉が柔らかいことが特徴的です。日本の梨の中で一番強い種類でもあり、日持ちが良いので、贈り物として最適です。

 

4.新高(にいたか)

酸味がなく、甘みが中心の梨です。梨の中でもサイズが大きく、食べ応えたっぷりの梨です。秋の味覚として、人気があります。

 

5.豊水(ほうすい)

果汁がとても多く、甘みと酸味のバランスが程よい梨です。梨の中でも果汁がとても多く、濃厚な味が特徴的です。幸水の次に人気が梨です。

 

 

 

いかがでしたか。梨は秋の味覚として有名ですが、初夏も味わえる種類もあります。酸味、甘み、果汁とそれぞれ特徴的な種類が多いです。

<スポンサーリンク>
page top