新興の特徴|貯蔵性が高い?

新興の特徴|貯蔵性が高い?

20世紀梨と今村秋の交配種として生まれた新興梨。梨の中でも密かに人気がある梨の品種です。今回は新興梨の特徴について、ご紹介いたします。

 

 

1.新潟県産の歴史ある梨

新興梨は20世紀梨と今村秋との交配種として、新潟で生まれ、1941年に登録された梨です。生産量は新潟県が全体の4分の1以上を占めています。

 

2.新興梨の味の特徴

他の梨と比べて、400〜500gと割と大きいサイズですが、とても果汁が多いのが特徴です。食感はシャキシャキとしていて、甘さと酸味のバランスが良いと評判です。普通の梨ではビニール袋に入れて、冷蔵庫での保管方法では1週間ほどしか持ちませんが、新興梨は貯蔵性に優れており、涼しいところであれば、1ヶ月は持つことができます。

 

3.旬は10月頃

新興梨は秋の味覚として人気です。10月中旬から収穫が始まり、旬は10月〜11月頃とされています。適切に保存すれば、お正月後も味わうことができます。

 

 

いかがでしたか。振興梨の最大の特徴はその貯蔵性です。他のなしでは1週間ほどですが、適切な保存方法を採用すれば、一ヶ月以上持ちます。また、サイズも大きめなので贈り物としても最適です。

<スポンサーリンク>
page top