幸水と豊水との違いは?

幸水と豊水との違いは?

和梨の中でも多くのシェアを占めている幸水と豊水ですが、外見や味はどのように違うのでしょうか。今回は幸水と豊水の違いについて、ご紹介いたします。

 

 

1.味の違いについて

幸水と豊水の決定的な違いは味と食感にあります。幸水は甘みが強く、酸味が少ない味わいです。果実は比較的柔らかで果汁がたっぷり含まれています。一方、豊水はその名のとおり、幸水よりもさらに果汁が多い品種です。糖度も高いですが、同時に酸味も強いのが特徴です。

 

2.外見の違いについて

外見も同じように見えますが、明らかな違いがあります。まずは幸水よりも豊水は少しサイズが大きめです。また、幸水は青がかっていますが、豊水は赤みが強く表れています。これは梨の果実を構成している石細胞の荒さに違いがあります。

 

3.旬と保存の持ちについて

幸水と豊水は微妙に旬も違います。幸水は8月〜9月上旬、豊水は8月下旬〜9月までが旬となっています。また、幸水は保存がしにくいですが、豊水は幸水よりも保存しやすい傾向があります。

 

 

 

いかがでしたか。幸水と豊水は味、サイズ、外見、旬、保存について、明確な違いがあります。両方とも糖度が12度以上あり、甘みある梨ですので、どのような方にもおすすめです。

<スポンサーリンク>
page top