和なしの特徴とは?

和なしの特徴とは?

梨には日本独自の環境で育てられた和なしと、ひょうたんのような形が特徴の西洋なしがあります。今回は和なしの特徴について、ご説明いたします。

 

 

1.皮の色は2種類

和なしの皮の色は大きく分けて、2種類あります。幸水や新高梨に代表される赤梨系、20世紀梨や豊水に代表される青梨系があります。赤梨系は黄褐色、青梨系は淡黄緑色をしています。

 

2.実がしっかりしている

和なしは洋なしとは違い、実がしっかりしています。軸がしっかりしており、張があります。ふっくらとした丸みが特徴です。また、実がしっかりしているので重みもあります。

 

3.食感が独特

和なしはシャリシャリとした食感が特徴的です。果汁も豊富で、洋なしに比べても酸味が強いです。しかし、甘みと酸味のバランスが取れている品種、甘みが強い品種もあります。

 

4.品持ちが長い

和なしは洋なしに比べても品質が長持ちします。ビニール袋に包み、冷蔵庫で保存すれば、1週間持ちます。そのため、贈り物としても最適です。

 

 

 

いかがでしたか。和なしは色や形も鮮やかで品持ちも良いので、贈り物としても最適です。

<スポンサーリンク>
page top