中国なしの特徴とは?

中国なしの特徴とは?

梨といえば、和梨と洋ナシの2種類のイメージですが、もう1種類有名な梨があります。それが中国なしです。今回はあまり知られていない中国なしの特徴について、ご紹介いたします。

 

 

1.中国なしの種類は?

中国なしの中で最も人気のある品種が「鴨梨(ヤーリー)」、「慈梨(ツーリー)」です。中国の東北地方で育てられた梨であり、日本でも明治時代以降から本格的に栽培されています。日本に初めて栽培が始まったのは山口県といわれています。

 

2.和梨と洋ナシの中間

中国なしは一見洋ナシと間違えるくらい、形が似ています。しかし、よく見ると洋ナシよりも一回り小さいのが特徴です。洋ナシと同じく収穫後、2週間〜1ヶ月の追熟期間が必要です。

 

3.効能が強い

中国なしはその他の梨と比べても食物繊維やカリウムが豊富に含まれているため、便秘改善、高血圧予防などの効能が期待できます。和梨や洋ナシと比べても甘みと酸味のバランスがちょうど良くなっています。

 

 

 

いかがでしたか。中国なしは和梨と洋ナシのちょうど中間にあたります。洋ナシのような甘みと香りがありますが、シャリシャリとした食感も特徴です。まさに和梨と洋ナシの良いとこ取りといえるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top