20世紀梨の特徴|梨の○○!

20世紀梨の特徴|梨の○○!

梨の中でも知名度が抜群なのが、この20世紀梨です。鳥取県の名産品であり、青梨の中でも人気の高い梨です。今回は20世紀梨の特徴をご紹介いたします。

 

 

1.発祥は鳥取県じゃない?

20世紀梨の名産地といえば、鳥取県のイメージがありますが、実は20世紀梨の発祥は千葉県の松戸市だそうです。明治21年に梨園跡取りの松戸覚之助がたまたま見つけた梨の苗を10年かけて、育て上げた青梨が発祥となっています。20世紀を代表する品種になると希望を込めて、「20世紀梨」と命名されました。

 

2.上品な甘さが売り

20世紀梨は他の品種と比べて、糖度が高くありません。しかし、果汁が豊富でみずみずしさと上品な甘さが特徴的です。甘さよりもさっぱりとしたさわやかな味わいを求められている方にはおすすめです。

 

3.進化した20世紀梨が登場?

一時期は一世風靡しましたが、幸水や豊水が主流となってしまい、シェアを奪われていました。そんな逆風の中、新たな20世紀梨が注目されています。通常、20世紀梨は虫害から防ぐため、栽培中に袋を被せますが、袋を被せずに十分な日光を与えることで糖度を上げることに成功しました。これが「サンセーキ梨」といわれる品種です。

 

 

いかがでしたか。幸水や豊水にシェアを奪われていますが、20世紀梨は今でも人気があります。

<スポンサーリンク>
page top