梨への農薬の影響は?

梨への農薬の影響は?

梨は病害や虫害を受けやすい果物です。こういった被害から梨はどのように守っているのでしょうか。また、人体に影響を与える可能性のある農薬はどの程度使用されているのでしょうか。今回は梨と農薬に関するお話をご紹介いたします。

 

 

1.農薬に関する世間の反応

近年、産地偽装や基準値越えの残留農薬が判明するとメディアでも大きく取り上げられます。そのため、残留農薬の基準を守っていたとしても、農薬使用を気にされる方も多いようです。虫害から梨を守るため、農薬を使用する場合はありますが、市場に出回るものは全て残留農薬基準を下回っています。どうしても心配の方は食べる前に丁寧にスポンジで水洗いをし、皮を食べないようにすると良いでしょう。

 

2.無農薬栽培を行っている梨園もある?

梨は病害や虫害に弱い果物です。そのため、袋かけ作業が必要となるデリケートな果物です。しかし、この袋かけ作業を行うため、他の果物と比べても農薬の量は少ないとされています。そのため、無農薬栽培も他の果物と比べても簡単なため、無農薬栽培を行っている農園も多いようです。

 

 

 

いかがでしたか。日本の残留農薬の基準は世界でもトップクラスの厳しさです。そのため、身体への影響もほとんどないといえるでしょう。

<スポンサーリンク>
page top