梨の病気ってどんな病気?

梨の病気ってどんな病気?

古くから日本人に愛される梨は虫害や病害に弱いデリケートな果物です。梨がかかってしまう病気はどんなものがあるのでしょうか。今回は梨がかかる病気をご紹介いたします。

 

 

1.品種によって、異なる病気にかかる

品種によって、梨の病気は異なりますが、良くかかる病気としては黒星病、黒斑病、輪紋病、紋羽病、赤星病、胴枯れ病が挙げられます。植物の病気は糸状菌とうカビにより引き起こされます。しかし、ウイルスや細菌などによって、発生する病気は難病が多いため、根本的な治療方法は確立されていません。

 

2.赤星病

梨全般にかかりやすい病気が赤星病です。品種に関わらず、多くの梨が発症しますが、大きな被害にはつながりません。梨の皮の表面に病斑が表れるのが特徴です。また、紋羽病は梨の樹の根っこが感染し、胴枯れ病は枝や幹が枯れる病気ですぐに発見できず、難病として生産者を悩ましています。

 

3.梨最大の病気『黒斑病』

梨最大の病気として、有名なのが『黒斑病』です。二十世紀梨が感染する病気で、毎年大きな被害をもたらします。梨最大の難病として、現在でも明確な解決策は発見されていません。

 

 

 

いかがでしたか。梨の病気は難病が多く、毎年生産者を悩ませています。そんな状況の中、一生懸命作られた梨なので、感謝を込めながら、食べるようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top