梨の栽培方法は?

梨の栽培方法は?

秋の美味しい味覚のひとつである梨。老若男女問わず、人気の果物のため、家庭でも栽培したいと思う方も少なくありません。今回は梨の栽培方法をご紹介いたします。

 

 

1.梨の生態と特徴

梨は全国で栽培することができる果物です。しかし、一部の品種を除いては自分の花粉で受粉することができません。実を結ばせるためにはその他の品種と一緒に苗木を植える必要があります。幸水と豊水は相性が良いので、おすすめです。しかし、新高と豊水は高配不親和性なので、選ばないようにしましょう。

 

2.植付けから受粉

梨の植付けは12月〜3月に行います。梨の木の高さが60〜70cmほど育ったら、切り返して植えます。開花後は人工授粉が必要です別品種の花粉をつけましょう。

 

3.摘果は2回

梨の摘果は開花後の30〜40日以内、二回目が最初の摘果から10〜20日後に行います。果実袋かけを行う場合は2回目の摘果の後に行います。無袋栽培も可能ですが、害虫による被害の別対策が必要となります。樹上で果実が成熟したら、収穫できます。収穫後はすぐに食べるようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか。梨は全国どこでも栽培できる魅力的な果物です。ご興味がある方はご参考ください。

<スポンサーリンク>
page top