梨の摘果とは?

梨の摘果とは?

秋の味覚として、人気の果物である梨。甘くて、みずみずしい味わいが老若男女問わずに人気があります。梨は家庭栽培も可能ですが、特殊な栽培方法が必要です。今回は梨の栽培過程の一つである摘果について、ご紹介いたします。

 

 

1.梨の摘果とは?

摘果とは花芽に結実した果物の中から、キズのない果実を一つだけ残す作業です。この方法は梨の栽培方法として、一般的なものですが、花芽一つに対して、二つの梨の実を実らせる方法もあります。

 

2.摘果の実施の注意点とは

摘果は一度に済ます必要はありません。これは地域によって、降雹被害を受ける場合があります。早い段階で不要な果実を落としてしまうと、収穫量が減ってしまう危険があります。病害を防ぐ袋かけ作業の過程で、残りの摘果を行うとよいでしょう。

 

3.摘果は必ず必要?

摘果の対象は3〜5番果から選定しますが、この摘果は商品化するにあたり、味や大きさを調えるという目的から行います。そのため、商品化しない趣味の栽培の場合、は3〜5番果から摘果する必要はありません。しかし、病害や虫害を未然に防ぐには必要な過程といえます。

 

 

 

いかがでしたか。商品化を行わない場合は自分のペースで摘果を行うと良いでしょう。

<スポンサーリンク>
page top