梨は風邪に良い?

梨は風邪に良い?

梨には豊富な栄養素が含まれています。他の果物と比べても水分が豊富なため、風邪の症状にも良い効能があります。今回はなぜ梨が風邪に良いかをお伝えいたします。

 

 

1.解熱作用がある

梨にはカテキンやアルブチンという成分が含まれています。これらは解熱作用があります。特に高熱になりやすい夏風邪にはおすすめです。同時に水分補給にもなります。梨は中国では漢方薬の一種として重宝されています。

 

2.咳止めにもおすすめ

梨に含まれる糖質の一種であるソルビートルは喉の炎症を抑え、痰などを解消してくれます。また、梨に多く含まれる果汁が喉や肺を潤してくれます。

 

3.疲労回復にもおすすめ

特に夏風邪は高熱にもなりやすく、体力を消耗しやすい傾向があります。梨に含まれるアスパラギン酸は疲労回復、スタミナ増強の効能があります。病中にはうってつけの成分といえます。

 

 

 

いかがでしたか。梨には風邪に効く成分が豊富に含まれています。病中は食欲が減退するという方は梨ジュースに加工する、おかずに入れるなどを工夫すると良いでしょう。トマトやハムなどに細かく切った梨を加えると食べやすく、おすすめです。

<スポンサーリンク>
page top