梨の皮は栄養豊富?

梨の皮は栄養豊富?

梨にはクエン酸、リンゴ酸、アスパラギン酸などのアミノ酸やカリウムや食物繊維が豊富に含まれています。しかし、梨の栄養は果実ではなく、皮に豊富に含まれていることをご存知でしょうか。今回は梨の皮について、ご紹介いたします。

 

 

1.梨の栄養は皮に集中している

梨に含まれている栄養素は皮や川の周辺の果実に多く含まれています。また、皮付近の書くには糖度が特に高いので捨てるには惜しい部位でもあります。

 

2.残留農薬が怖い?

梨の皮が懸遠される理由の一つが残留農薬を気にされる方が多いようです。しかし、梨は虫害に弱いため、栽培時にビニール袋を被せます。そのため、他の果物よりも残留農薬が残りにくいとされています。また、日本の残留農薬の基準値は世界でもトップクラスに厳しいため、安心して食べることができます。

 

3.梨の皮を美味しく食べるためには?

梨の皮は生のままでも食べることができます。食べる際は綺麗に皮を洗い、食べやすいサイズに皮ごとカットすると良いでしょう。生のままだと抵抗がある場合は、ジャムやコンポートなど砂糖と一緒に煮込むと食べやすくなります。

 

 

 

いかがでしたか。梨を皮ごと摂取することでより多くの栄養素を摂取することができます。食べにくい場合はジャムやコンポートにして、食べてるのもおすすめです。

<スポンサーリンク>
page top